人気ブログランキング |

白はめでたいことを象徴する


どの国でもいいどの民族でもいい、結婚することはいつも一番めでたいことと考えられている。さらには、日本では「稼ぐ日は至上の日で」と言い方がある。日本伝統的な結婚式に、花嫁はいつも白無垢を穿く。白無垢は花嫁の正装で、打掛から帯や下着、羽織の紐と扇子まで全部白を着用することである。白無垢は初めて婚礼衣装として使われているのは室町時代であって、今にも着用する。日本伝統な婚礼に、花嫁は白無垢を穿くことだけでなく、稼ぐ家の色も白色に染める。白無垢は花嫁の心身の潔白を表わす。この白無垢と白色に染める稼ぐ家は人に清浄感と敬虔感を感じさせる。要するに、白は純潔で、無垢などの意味を持ち、結婚というめでたい時に欠かない重要で、吉祥の意味を帯びる色彩である。
六、 高貴を象徴する  シャネルピアス
日本では、白は尊敬すべき高貴な色と考えられている。これについて、『中日の伝統色彩文化への一考査』は次のように述べた。「日本古代王朝が制定した『衣服令』では、服の色の基づき人の身分や等級を区別し、白は最高の色として、第一位の位置を占めた。前田千寸の『日本色彩研究史』では平安時代の物語文化の中に出てきた服の色を比較して、次のように指摘した。平安朝前期、男女服装の色として、白は第一位を占め、その次が紫、緑の順であった。そして、後期にも、白が第一位を占め、その次が赤、紫、緑の順であった。これは平安朝衣服の主体色調である。天皇の服色が白で、白を持って高尚、上品、神聖な風格を世間に示したのである。近代武士の服色も白を基調にし、崇高な精神美の象徴とする。」

by kawaiijewelry | 2012-05-21 23:43